学生ローンの目的

学生ローンは20歳以上の大学生を対象としたローンの事を総称してそう呼びます。
返済するのは学生本人であることから、一定のアルバイト収入があることが条件となります。
学生であったとしても、返済が滞る事が許されないのは言うまでもありません。
借金返済に社会人も学生もルールに従わなければならない点では同じなのです。
教育ローンや奨学金と比較されますが、教育ローンは借入をするのは保護者であるため、ローンの限度額も高額となります。
また奨学金は保護者が連帯保証人となって借入れをするもので、卒業してから学生本人が返済していくものです。
学生ローン主に学費の支払いを目的としたもので、学生本人が借入、返済するため限度額が50万円程度に抑えられているのです。

学生ローンが必要とされる状況として考えられるのが、親に授業料を支払う能力が無くなった場合や、医療費や生活費がかかり、学費を払えなくなってしまった場合のヘルプです。
奨学金を受け取っている場合でも借入が可能なのが特徴で、金融機関によって限度額や金利も異なります。
また、奨学金と異なり学生ローンの場合、レジャーや就活に必要な衣服やカバン、靴などの購入を目的としていても借入は可能です。

半世紀前の様な苦学生は今の時代極めて稀となり、現在は金銭面でサポートする団体や機関はいくつか存在するのです。
このサイトでは学生本人が自分のために借入返済する学生ローンについてご紹介する事で、学生が本来の学業に専念できるお手伝いが出来れば幸いです。